ミナミの放置自転車対策ワーキング

ミナミの放置自転車対策ワーキング

ミナミのさらなる活性化においては、歩行者が安全・快適に回遊できるまちづくりが不可欠ですが、放置自転車問題、道路の適正利用が積年の課題です。
そこで、2025年大阪・関西万博を見据え、また、御堂筋・なんば広場の道路空間再編を機に抜本改善を図るべく、2023年4月に官民連携で「放置自転車対策ワーキング」をスタートしました。
2024年4月には、大阪市が放置自転車を見つけ次第すぐにその場から運び出す「リアルタイム撤去」(2023年11月開始)の効果の検証結果や、今後の取組みについて、記者会見にて公表しました。

放置自転車対策ワーキング 3本柱 【撤去】【調査・分析】【啓発】

【撤去】【調査・分析】【啓発】を放置自転車対策ワーキングの3本柱として推進します。

放置自転車対策ワーキング 体制

地元商店街・企業(エリアマネジメント組織)・大阪市が連携して、抜本的な放置自転車対策の議論を推進します。

※詳細は、2024年4月24日に行なった記者会見用の資料をご参照ください。
以下からダウンロード可能です。